Gmailに来たメールをLINEに転送(通知)する方法【エラー回避もあり】

メールなどのコミュニケーションツールを「LINE」で統一されている方も多いと思いますが、Gmailの一部のメールをLINEに通知してほしいと思ったことはありませんか?

例えば「LINEを使わない人から」や「ショップの情報メール」などです。そんな時はIFTTTというWEBサービスを使えば簡単に解決することができます。

本記事ではIFTTTを利用してGmailの受信メールをLINEに転送する方法を全てご説明します。

途中で少し悩んだトラブルがあったので、Gmailとの連携がうまくいかない人は必見です。

※私がIFTTTで作ったアプレットを公開しています。自分でIFTTTの設定ができない方は本記事の「公開しています」を参考にしてください。

追記(2017年1月20日)

複数のメールアドレスをLINEへ転送したい方下の記事をご参照ください。

GmailからLINEへ転送(通知)する方法【複数人指定も可能】
サービス連携ツール「IFTTT(イフト)」を利用して、Gmailに来た新規受信メールをLINEへ転送(通知)する方法をご紹介します。複数人・複数アドレス・複数ラベルなどのご利用も可能なアプレットを公開・ご利用方法を掲載しております。

※IFTTTに感する事前知識必須。ご存知でない方はこの記事をお読みになった後に、ご覧いただくのがオススメです。

IFTTTでGmailとLINEを連携しよう

現在Gmailのアカウントには、いろなサービスの登録先から大量のメールが来ています。

その中の一部だけ受信したい時に便利なIFTTTアプレットをご紹介します。

IFTTTの登録方法は下記記事をご参考にしてください。誰でも無料で利用可能(すぐ退会も可能)です。

IFTTT(イフト)の登録方法|Googleアカウント認証・Facebook認証も解説
異なるプラットフォームを連携するサービス「IFTTT」ですが、利用登録が必要になります。 さらに利用ログインする際に「Googleアカウント認証」や「Facebook認証」を利用することができます。 この記事ではPCやス...

IFTTTへの登録が完了したら以下の流れで連携しましょう。

IFTTTでGmailとLINEの連携方法

連携の流れ

  1. IFTTTにおけるGmail側の設定(『this』部分)
  2. IFTTTにおけるLINE側の設定(『that』部分)
  3. 動作確認で終了

PCだけでなくスマホアプリからも利用できるのでアプリをダウンロードしてトライしてみてください。

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

設定手順に貼り付けている画像はPCのものですが、スマホアプリからでも同様の操作で設定可能です。

テケオ
それでは具体的な設定方法に移りましょう。

Gmail側の設定

IFTTTにログインし[New Applet]をクリック

[+this]の部分をクリック

検索窓に「gmail」と打ち込み、[Gmail]をクリック

今回は「特定の人だけ受信する」ので[New email in inbox from]をクリックします。

その他いろんなパターンがあるのですが、よく紹介されているのが[Any new email in inbox]。これにすると、Gmailに来たメールを全部LINEに通知される。

アラート鳴りまくる気しかしないので、今回は使用せず…

通知してもらいたい相手のアドレスを入力して[Create trigger]をクリック

この状態でGmail側の設定ができた。次は[+that]のLINE設定をする

LINE側の設定

ifのTwitterの設定が終了したので、then以下のLINEの設定を行います。

まずは[+that]をクリックします。

検索窓に「LINE」と打ち込み、[LINE]をクリック

[Connect]をクリックします。

[LINE]と[IFTTT]の連携を承認します。

[Send message]をクリック。

LINEへのメッセージ内容を設定します。

  • [Recipient]:通知するラインのグループを指定する。
  • [Message]:ラインに送信するメッセージを指定する。[Add ingredient]でいろんな要素を追加できる。
  • [Photo URL]:ラインへ画像を送信したいURLを指定する。

この部分でLINEの転送内容を変更することができるので、設定が完了次第[Create action]をクリックします。

キャプチャーでは私が使用しているLINEの転送内容を掲載しています。「誰からのメール」「タイトル」「コンテンツ(少し)」「日付」が確認できます。

添付ファイル等の情報は不要なので消しています。

テケオ
最後に[Finish]で完了です!

設定の流れの大半は以下の記事と重複しますのでご参考になれば。

WEB漫画の自動更新チェックを行いLINE(ライン)に通知する方法
最近は無料で読めるWEB漫画が本当にたくさんありますね。 無料なのでクオリティは...と思っていたのですがとんでもない! めちゃくちゃ面白い漫画がたくさんあるんです。 しかし、無料で公開している期間に制限があるもの...

エラーが発生してしまった!

普通ならばこれだけでうまくいくハズなのですが、試してもLINEに通知されず…

そういう時は[Activity]で動作チェックする。

やっぱりうまく動いていないorz

試行錯誤していたら、どうやらGmailの権限が許可されていなかった

[Service]→[Gmail]→[Setting]をクリックすると以下のページへ

アカウント情報のステータスは「Active」になっているから連携できていると思っていたけど、できていなかった。

[Edit connection]をクリックする。

アカウントを指定すると以下のような画面になるので、[許可]をクリック。

これでうまくいくハズです。

当初Gmailを使うつもりはなかったので、Gmail側のアカウント情報からIFTTTの連携を拒否したことが原因でした。

結果

テケオ
いい感じですねw

公開しています

読者
便利そうだけど、IFTTTが難しそうで自分にはできない…

そんな人のために、私が作ったアプレットを公開しました!

IFTTTの登録と、GmailとLINEに権限を付与する必要はありますが、IFTTTのアプレットを作らずに簡単に利用できます。

簡単にですが利用方法を説明します。日本語で書いているので簡単にできると思いますよ。

追記(2018年1月20日)

今回ご紹介しているアプレットでは複数人(複数アドレス)指定ができません

アプレットを複数作ることで解決できますが「1つのアプレットで済ましたい方」や「人数が多い方」などは下記記事をご参考にしてください。

GmailからLINEへ転送(通知)する方法【複数人指定も可能】
サービス連携ツール「IFTTT(イフト)」を利用して、Gmailに来た新規受信メールをLINEへ転送(通知)する方法をご紹介します。複数人・複数アドレス・複数ラベルなどのご利用も可能なアプレットを公開・ご利用方法を掲載しております。

1.以下のリンク先をクリック(IFTTTにログインしてください)

特定の人からGmailに来たメールをLINEへ通知- IFTTT

2.アプレットをONにする

以下の写真の状態にしてください。

3.アプレット内容を設定します

[LINEに通知したいメールアドレス]と[通知先ライングループを選択]の2箇所を決定するだけでOKです。

ちなみに緑色のボタンはどちらでも構いません(緑の状態にすると[Activity]から、動作履歴を見ることが来ます。)

4.LINEへの通知を確認してみた

差出人Emailアドレスと、件名、コンテンツの3要素だけを入れたシンプルなものです。

これだけあれば、誰からどのような連絡が来たか確認できます!

まとめ

IFTTTを使ってGmailに来たメールをLINEで通知した。

私の場合は常にLINEのみはチェックできるように生活しているので、他のメールやSNSの情報などは必要なものだけLINEに通知するように組んでいます。

その他使用例もぜひ参考にしてください。

コメント

  1. 高橋 より:

    テケオさん
    はじめまして。
    「指定したメールアドレスからGmailにメール受信したらLINEに転送」に
    ついてお聞きしたいのですが、メールアドレスを複数指定することは
    可能でしょうか?
    よろしくお願いします。

  2. gmail より:

    転送したら、本文が転送されません、原因は何でしょうか?