iCloudメールに指定のアドレスから受信したらLINEに転送する方法

私は家族とのメールは「iCloudメール」でしています。

個人的にはLINEでしたいんですけど、父親がかたくなにLINEを使わないんですよ…

でもメールを送って来てもらっても日頃使わないので、気づくのが遅れたりします。

なので、今回はiCloudメールを受信したらLINEに通知する方法をご紹介したいと思います。

やりたいこと

LINEへの通知手順

  1. 特定アドレスからiCoudメールに受信すると自動でGmailに転送する
  2. IFTTTでGmailの受信をトリガーにLINEへ通知する

家族とのやりとりをGmailですれば、「1.」は省けますねw

Gmailのアカウントが、どうでも良いメールを受信しすぎて気づかない可能性があるという理由で、たまたまあったiCloudメールを使い続けているって感じです。

iCloudメールの設定

まずはiCloudメールをフィルタリングして自動転送する設定を行います。

以下のリンク先(公式)で方法が記載されています。

iCloud: iCloudメールでメールの自動フィルタリングを設定する
iCloudメールで、特定の条件に該当するメールを自動的にフィルタリングするルールを設定します。

それを実際にやってみました!

iCloudメールにサインインします

iCloud – Sign in

上記リンクからiCloudのサインインのページに遷移できます。

[AppleID]と[パスワード]を入力して、サインイン。

2要素認証などあるので、慌てないようにw

メールアカウントにサインインできたら[⚙]をクリック

[ルール…]をクリック

①[ルールを追加]→[ルールを選択…]→②[メールアドレスへ転送]とクリック

必要事項を記入して[終了]をクリック。これでiCloud側は終了です。

GmailからLINEへの設定

これは「IFTTT」と呼ばれるWEBサービスを使います。

GmailからLINEへの通知方法は過去記事を参照してください。

Gmailに来たメールをLINEに転送(通知)する方法【エラー回避もあり】
WEBサービス「IFTTT」を利用して「Gmailに来たメールをLINE(ライン)に転送(通知)する方法」と「アプレット作成にあたってよくあるエラー」も掲載しています。LINEに連絡先を統一したい方におすすめの方法です。

ただ1点注意して欲しいのが、

トリガーとなるメールアドレスですが「受信したいメールアドレスにしてください

今回の場合ですと、

転送元のiCloudメールのアドレスではなく、もともと受信したかった父親のメールアドレスを入力するということです。

こうすることで、転送処理をした中でもLINEに通知したいものを振り分けることができます。

テケオ
これにて設定完了!

まとめ

iCloudメールを受信したらLINEへ通知する方法をご紹介した。

元々Gmailを使っていれば、こんな回りくどいことをしなくても良いのですが(笑)

他のメールアドレスでもGmailに転送できさえすれば、LINEに通知できるので覚えておくと便利ですね。

コメント