【Smart Life】『that』部分(アクション)の日本語訳

このページはIFTTTでSmart Lifeをaction(アクション)とする場合の日本語訳と簡単な解説、利用したアプレットなどを紹介しています。

アプレットを作る上で参考にしてください。

Turn on

Turn off

 

「Turn ON」「Turn OFF」はSmart Life対応ガジェットは使用可能です。

このアクションの多様が考えられるガジェットの代表例としては『スマートプラグ』が挙げられます。

Active Scene

「Scene(シーン)」はSmart Lifeアプリで設定可能なアクションのようなものです。

「温度」「湿度」「天気」…などを組み合わせることによって、あなたにパーソナライズされたシーンを編集することができる機能です。

このアクションによってIFTTTアプレットをより汎用的・便利にしてくれます。

Set light brightness

指定のライトの輝度を調節してくれるアクションです。

Date & Time」などと組み合わせれば、指定の時間になったら消灯・輝度を落とすことなどが可能ですね。

「Turn off first」を「Yes」に設定すると、電源が「OFF」状態からでも「ON」にして設定されるようになります。

Set light color

「Set light brightness」に加えて、ライトの色の変化が可能です。

さいごに

Smart Lifeのアクション機能を紹介しました。

Smart Lifeを利用できるガジェットは多く存在します。Google HomeやAmazon Echoなどと違い、比較的安価に手に入るIoTデバイスなので、IoTの世界を体験してみたい人などには特におすすめですね。

アプレット作成後は必ず動作確認を行うようにしましょう。

 

IFTTTでIoTの世界を体験しませんか?
「IoTを体験して見たいけどよくわからない」 そんな人におすすめのIoTガジェットを紹介しています。 IFTTTと連携させることで次世代の生活を体験して見ませんか?
IFTTT(イフト)の使い方