【Date&Time】『this』部分(トリガー)の日本語訳

このページはIFTTTでDate&Timeをトリガーとする場合の日本語訳と簡単な解説、利用したアプレットなどを紹介しています。
アプレットを作る上で参考にしてください。

Date & Timeとは

IFTTTでTimeZoneを設定することで日時でのトリガー作成が可能になります。

「Connect」で以下の画像が表示されると思いますので、日本に在住の方はTimeZoneを「Tokyo」にして使用しましょう。

テケオ
それでは具体的なトリガーの説明に移ります。

Every day at

Every hour at

Every day of the week at


Every month on the

Every year on

さいごに

IFTTTのDate & Time 部分のトリガーを日本語で説明しました。

指定の日時、時刻になると実行するだけなので比較的わかりやすいトリガーだと思います。

内容としては応用が効きやすい気もしますが、時間による実行はそれぞれのアプリやサービスが対応しているものが多いため、以外に活躍の場はないかもしれませんが…

アプレット作成後は必ず動作確認を行うようにしましょう。
IFTTTでIoTの世界を体験しませんか?
「IoTを体験して見たいけどよくわからない」 そんな人におすすめのIoTガジェットを紹介しています。 IFTTTと連携させることで次世代の生活を体験して見ませんか?
IFTTT(イフト)の使い方