【Evernote】『this』部分(トリガー)の日本語訳

このページはIFTTTでEvernote(エバーノート)をトリガーとする場合の日本語訳と簡単な解説、利用したアプレットなどを紹介しています。

アプレットを作る上で参考にしてください。

New note in a notebook

指定のノートブックに新しいノートを書くと発火するトリガーです。

画像では『仕事』というノートブックで発火する設定です。プルダウンメニューで選択するようになっているので、連携したいノートブックを事前にEvernoteで準備しておきましょう。

Add a specific tag to note

ノートのタグ付けによってトリガーが作動します。

あるジャンルだけ連携した時などに便利ですね。

さいごに

この記事ではIFTTTのEvernoteトリガーについての日本語訳を行いました。

ノートブック別が「カテゴリ別」って感じなので、サイトやブログの「カテゴリ、タグの使い分け」などに似ている気がします。

Evernoteを毎日メインで使用されている方は広範囲で応用できると思われます。

IFTTTでIoTの世界を体験しませんか?
「IoTを体験して見たいけどよくわからない」 そんな人におすすめのIoTガジェットを紹介しています。 IFTTTと連携させることで次世代の生活を体験して見ませんか?
IFTTT(イフト)の使い方