【Gmail】『this』部分(トリガー)の日本語訳

このページはIFTTTでGmailをトリガーとする場合の日本語訳と簡単な解説、利用したアプレットなどを紹介しています。

アプレットを作る上で参考にしてください。

Any new email in inbox

受信する全てのメールがトリガーとなります。

このトリガー選択するだけで設定が完了する非常にシンプルなトリガーです。

Any new attachment in inbox

受信する添付ファイル付きのメールがトリガーとなります。

複数の添付ファイルがある場合、それぞれ別々にトリガーが発動します。

このトリガーも追加設定はなく非常にシンプルなタイプです。

New email inbox from

特定のユーザーから受信したメールがトリガーになります。

New starred email in inbox

例えば重要な相手だけをスター付きに設定すると、その人たちからの受信だけトリガーが動くので汎用的に使えそうです。

追加設定も不要なのでGmail側のスター管理が行き届いている人には便利かもしれません。

New sent email

受信ではなく送ったら発火する珍しいトリガー。送るタイプのトリガーはこれ一種類のみ。

New email in inbox labeled

スター付きのトリガーだけでは場合分けが足りない人にとって便利です。

Gmailのラベルを日頃からうまく使っている人にとっては良いトリガーですね。

ラベル名を追加で記入する必要があります。

New email in inbox from search

設定が非常に複雑ですがもっとも万能なトリガーです

追加で検索クエリの設定が必要です。検索クエリが何かわからない人は「検索する条件を指定して抽出する動作」とでも思ってください。

これを使えば「誰から」「どのラベルで」「スター付きか」などなど、ありとあらゆる条件で一致するメールでトリガーを設定することができます。

ただし、扱いが非常に複雑なので他のトリガーで代用できるなら無理に使わない方が無難かと思います。

チャレンジしたい方はGmailで使用できる検索演算子を参考にしてください。

さいごに

Gmailのthis部分(トリガー)を日本語訳しました。

アプレットをつくる上でぜひ活用してみてください。

アプレット作成後は必ず動作確認を行うようにしましょう。特に「ラベル名」や「検索クエリ」は確認必須です。
IFTTTでIoTの世界を体験しませんか?
「IoTを体験して見たいけどよくわからない」 そんな人におすすめのIoTガジェットを紹介しています。 IFTTTと連携させることで次世代の生活を体験して見ませんか?
IFTTT(イフト)の使い方