【IFTTT】『this』部分(トリガー)の日本語訳

このページはIFTTTで【IFTTT】をtrigger(トリガー)とする場合の日本語訳と簡単な解説、利用したアプレットなどを紹介しています。

アプレットをつくる上でご参考にしてください。

IFTTTの『IFTTT』って何?

このサイトではIFTTT(イフト)について様々な面から詳しく解説したサイトになりますが、IFTTTの和訳ってなに?と思われるかもしれません。

今回ご紹介するのはIFTTT自身が提供しているトリガーに関してです。

IFTTTは異なるプラットフォーム間をつなぐサービスですが、IFTTT自身も独自のサービスを提供しています。

テケオ
この記事ではIFTTTが提供するトリガーの和訳になります。

New IFTTT update

IFTTTのブログでサービスの更新などがあった場合にトリガーが働くと思われます。

いち早くIFTTTの更新を察知したいファンは使用するトリガーです。

Daily recommended Applet for you

ユーザーが決めた時間に毎日おすすめのアプレットを情報が使えるトリガーです。

おそらく使用しているアプレットの傾向から毎日決まった時間におすすめしてくれるものだと思います。IFTTT好きなら利用できそうです。

New service published on IFTTT

 

New Applet published by service

例えば「ルンバ」などを使用している人はそれに関したアプレットが公開されたら試してみたいもの。特定のサービスに関してのアプレットだけフォーカスしたい方におすすめ。

ルンバなどは公式でも同様のトリガーを用意してくれていますが、そういったものがない類のサービスでは重宝します。

New trigger or action published by service

新しいトリガーやアクションが追加されたら発火するトリガーです。アプレットを作りたい人にはおすすめですね。

こちらも外部アプリケーションの多くがこの類のアプレットを作っているケースが多いので、わざわざ作る必要もなさそうですが…

さいごに

IFTTTのトリガーを日本語訳してまとめました。

IFTTTのサービス全体に関わってくる情報をトリガーとしているので、IFTTTそのものに興味がる人や、新しいアプレットを作りたいっていう人でないと需要はなさそうです。

テケオ
つまり私みたいな人はよく使うトリガーですw
アプレット作成後は必ず動作確認を行うようにしましょう。
IFTTTでIoTの世界を体験しませんか?
「IoTを体験して見たいけどよくわからない」 そんな人におすすめのIoTガジェットを紹介しています。 IFTTTと連携させることで次世代の生活を体験して見ませんか?
IFTTT(イフト)の使い方