【iOS Reminders】『this』部分(トリガー)の日本語訳

このページはIFTTTでiOS Remindersをトリガーとする場合の日本語訳と簡単な解説、利用したアプレットなどを紹介しています。
アプレットを作る上で参考にしてください。

Any new reminder

Any reminder completed

リマインダーには完了した場合「実行済み」にする処理が存在します。

これが押された時にトリガーが発動します。

リマインダーを実行済みになった時に同時に何かを処理したい時におすすめのトリガーです

New reminder added to list

リスト名を指定することで、トリガーにする場合分けをすることができます。

iOS Reminderではリスト別にできるトリガーの方が実用的な気がします。

Reminder completed in list

指定のリストで実行済みになったものがトリガーとなります。

さいごに

この記事ではIFTTTのiOS Reminderのトリガーについて説明しました。

リマインダーをうまく使えば予定時に実行すべきことや、完了後にしたいことを同時に処理できて楽かもしれません。

また、管理人はパソコンでiOS Reminderのアプレットを作ってうまく動作してくれませんでした。アプリの連携許可をしてなかったのです…

IFTTTアプリを開くと許可を求める画面が出現。

PCでアプレットを作って、スマホでIFTTTを動作させたい時によくある権限付与のミス。

テケオ
気をつけましょう。
IFTTTでIoTの世界を体験しませんか?
「IoTを体験して見たいけどよくわからない」 そんな人におすすめのIoTガジェットを紹介しています。 IFTTTと連携させることで次世代の生活を体験して見ませんか?
IFTTT(イフト)の使い方