IFTTTとの連携で家電を操作できるIoTデバイス『sRemo-R』のご紹介

sRemo-R(エスリモアール)とは株式会社SOCINNOが販売しているスマートリモコンです。

家電をインターネット経由で操作することが可能なIoTデバイスになります。

sRemo-R × IFTTT

  • Google HomeやAmazon Echoから家電を操作
  • 外出・帰宅時のライト制御や目覚まし家電に利用

などIFTTT(イフト)と連携をすることで、非常に拡張性の高い使用が可能です。

この記事ではsRemo-Rの簡単な紹介、公式で紹介されているアプレットの紹介、自作のアプレットを作るコツなどをまとめてみました。

sRemo-R(エスリモアール)とは

先ほども書きましたが、sRemo-Rとは家電を操作できるIoTデバイスです。

IFTTTとの連携によりGoogle Homeなどと連携が可能ですが、IFTTTと連携しなくても以下のようなことが可能です。

主な特徴

  • リアルタイムに室内の温度、湿度、照度を測定管理してグラフで閲覧
  • 温度や時間を設定し、リモコン制御を実現
  • あらゆる赤外線信号フォーマットに対応し、全141チャネルを保存・制御可能
  • スマホからの利用可能

スマホからの利用ということで専用のアプリもリリースされています。

sRemoR

sRemoR
開発元:SOCINNO
無料
posted with アプリーチ

※現時点ではiOSのみ。Andoroidは近日リリース予定

sRemo用クラウド(sCloud)に登録後、IFTTTと連携することでスマートリモコンとして100%の力を発揮するのでIFTTTと連携しましょう。

AmazonでsRemo-Rを調べる

公式のおすすめアプレット

sRemo-Rは公式でもアプレットを公開しています。

自作のアプレットを使用するためには『Webhooks』を使用する必要があるので、結構面倒くさい。公式でのアプレットが利用できるならこちらの方が簡単です。

Say a phrase to GoogleHome, then send Signal to sRemo

例えば「テレビをつけて」というとテレビをつけてほしい場合は、このアプレットを利用してみましょう。

When you say a number to GoogleHome send Trigger Number signal to sRemo

例えば「リモコン # 送信」とGoogleHomeに言います(「#」は数字です)。

すると「#」の数字をsRemoに送信してくれます。チャンネル操作などに使えそうですね。

自作でアプレットを作るには

公式のアプレットは現在上記2つだけですので、ご自身でアプレットを作る必要があるでしょう。

公式のサポートページに詳しい作り方が載っています。

通知先設定(IFTTT) | sRemo-Rサポート
通知制御設定の通知先IFTTT1-3の設定を行います。IFTTTを使うことでメールを通知したりTwitterを利用したりIFTTTアクションは何でも利用することが可能になります。 ...

この設定方法では『Webhooks』を使用するようにとのことですが、『Webhooks』自身少し難しい仕組みになっています。

ご理解して使用したい方は以下の記事を参考にしてください。

さいごに

家電を操作できるIoTデバイス『sRemo-R(エスリモアール)』をご紹介しました。

IFTTTと連携可能なのはもちろんですが、アプリでできる機能も充実していておすすめです。

自作のアプレットを作成すれば、Google Homeに

テケオ
OK,Google. 頼む。
グーグルホーム
わかりました。
  • 照明つける
  • エアコンつける
  • テレビをつける etc…

全てしてくれるアプレットの作成も可能ですね。また『sRemo-R』以外にも類似した商品に『Nature Remo』というIoTデバイスもありますのでチェック推奨です。

コメント