WEB漫画の自動更新チェックを行いLINE(ライン)に通知する方法

最近は無料で読めるWEB漫画が本当にたくさんありますね。

無料なのでクオリティは…と思っていたのですがとんでもない!

めちゃくちゃ面白い漫画がたくさんあるんです。

しかし、無料で公開している期間に制限があるものがあります。

公開スパンの長い作品もたくさんあるので、忘れてしまい見れない話も…

テケオ
LINEとかだったから確実に見るのになぁ…

そこで、本記事ではWEB漫画が更新したら、LINEに通知する超簡単な仕組みをご紹介します。

サービスの利用にはIFTTT(無料)に登録済み簡単な知識が必要です。
詳細は『IFTTTの基礎知識』に解説をまとめておりますので参考にしてください。

まずはじめに…

具体的な方法に入る前に、この仕組みを構築するために「準備」と「何をやろうとしているのか」を説明します。

準備

  • LINE(ライン)に登録済み
  • IFTTT(イフト)に登録済み

これらを済ませておく必要があります。

おそらくLINEには登録済みだと思いますが、IFTTTって何?って方はこちらの記事をご覧ください。

IFTTTを使ってみたい人向けのナビゲーションページです。 全く知識のない初心者の方でもここに掲載している記事を読めばIFTTTを...

簡単に言うと「WEBサービス同士を連携させることができるサービス」です。

登録方法やIFTTTについては上記の記事に記載しているので割愛します。

IFTTTについて知らない人は一度確認をオススメします。

やろうとしていること

簡単に言うと「@pinga_comicのTwitter投稿情報から指定のWEB漫画の投稿がある時にLINEに送る」という事です。

実はPinga[ピンガ]と呼ばれるWEBサービスにおんぶに抱っこw

Webマンガの更新を一括チェックしたり、自分だけの更新リストを作ったりできるWebマンガ専門情報サービス。Webマンガに特化したニュースや特集で、新しい作品との出会いも広がります!

このサイトの公式アカウントが、twitterに以下のような投稿をしています。

こんな感じで更新情報をツイートしてくれているんです。

つまり、指定の漫画の更新情報のツイートがあればIFTTTに送るといった感じです。

それでは具体的な方法を説明していきます。

具体的な方法

まずIFTTTは登録済みだとします。まだの方は下記リンクから登録してください。

Sign up for a free IFTTT account – IFTTT

ちなみに今回LINEに更新情報を送りたい漫画はコチラ

最近よくある「異世界召喚モノ」の漫画なんですけど、1巻無料で読んだら大変面白かったので、一気に4巻まで購入。

その後、無料で読めたことを知り、現在に至る…

本記事で漫画の内容を深く語る気はないですけど、面白いのでオススメ。

IFTTTの「this」部分であるTwitterの設定

右上のプルダウンから[New Applet]をクリック

[+this]の部分をクリックします。

[Twitter]のアイコンをクリックします。

[New tweet from search]をクリックします。

LINEに通知する条件を設定します。

画像のように「THE NEW GATE from:pinga_comic」と設定すると、「Twitterの@pinga_comicのアカウントが「THE NEW GATE」を含むツイートした時にイベントが発火(LINEに通知)する」という意味になります。

Search forの欄に何を記入すればいいのかわからない

前述のようなパターン以外で抽出したいときもあると思います。

そんな時は[Twitter Advanced Search]を使いましょう。

高度な検索を利用すると、最新のニュースや世界中のイベントをいち早く見つけることができます。人気のユーザーやハッシュタグ、画像、トピックなど、思いのままに検索しましょう。

Twitterアカウントがあり、ログインした状態で使用できます。

すると、[高度な検索]が指定できます。今回の場合は[次のキーワードをすべて含む]と[次のアカウントからのユーザーをツイート]のみを入力して[検索]をクリック。

条件に見合うツイートがツイッター上に表示されたと思います。

右上の検索窓にある条件検索の文字列をコピーします。

これを[Search for]に貼り付けます。

これを使えばいろんな条件指定ができます。

IFTTTの「that」部分であるLINEの設定

ifのTwitterの設定が終了したので、then以下のLINEの設定を行います。

まずは[+that]をクリックします。

検索窓に「LINE」と打ち込み、[LINE]をクリック

[Connect]をクリックします。

[LINE]と[IFTTT]の連携を承認します。

[Send message]をクリック。

LINEへのメッセージ内容を設定します。

[Recipient]:通知するラインのグループを指定する。

[Message]:ラインに送信するメッセージを指定する。[Add ingredient]でいろんな要素を追加できる。

[Photo URL]:ラインへ画像を送信したいURLを指定する。

この部分でいろんなカスタマイズが可能です。

設定が完了次第[Create action]をクリックします。

最後に[Finish]で完了です!

これで更新があれば、LINEに通知がくるようになる。

テキスト入力箇所などは後でも変更可能なので、ぜひトライしてほしい。

私の設定例と転送結果

IFTTTの設定例:

LINEの出力結果(仮):

以上のような設定と出力結果が得られる。

LINE側で「WEBマンガ」というグループを作って「LINE Notify」を招待すれば、[Recipient]でグループを選択した時にそちらに通知してくれる。

テケオ
ツイート内容と更新日時が送れればよかったので、まあこれでいいかな?

ちなみに黒で隠しているのは「私のTwitterアカウント情報」です。

pinga_comicから都合よく更新ツイートされればよかったんだけど、されるわけないので、実際の投稿をコピーして私のアカウントに投稿しました。

まとめ

WEB漫画の更新があればLINEに通知する仕組みを作りました!

これで見逃すことも少なくなるはず…

この方法の欠点としては、Pinga[ピンガ]がTwitterに更新情報の投稿をやめてしまうこと。これで全て水泡と化しますが、でかい企業のサービスなのでしばらくは安泰じゃないでしょうかw

IFTTTの設定次第ではもっと有効に使えると思う。今回はあくまで一例です。

テケオ
なんというIFTTTの有用性

他の使用例の記事もあるのでご参考に

簡単にLINEとの連携解除もできますよ

IFTTTとLINEの連携を解除する 非常に便利なツールなのですが、 そんな人のための記事です。 IFTTTにログインしてSe...

使い方次第では協力にあなたをサポートしてくれるサービスなのは間違いない。

当記事でIFTTTを初めて知り、「IFTTTをもっと知りたい」「IFTTTを使ってみたい」と思われた方は、『IFTTTの基礎知識』日本語で解説をまとめております。 ぜひご参考にしてください。

フォローする